投稿日:2020年01月11日

事務局通信~区別がつかない

土曜日でお天気も良く、お客様も来て下さっています。
朝ミーティングが終わると、様々なハンディを持ったメンバーもそれぞれが作業を分担して始めます。
トイレの掃除をする人、売場のマットに掃除機をかける人、昼食のご飯とみそ汁の準備をする人、リユース品に値札をつける人、値札のついた品物を売場に並べる人、月の宮作業所から持ってきたリユース自転車を車から降ろして売場に並べる人、朝から品物を持って来て下さったお客様の応対をする人、電話を取る人、レジをする人…。

以前見学に来て下さった方から「誰が健常者で、誰が障害者か、区別がつかない」と言われたことがあります。
スタッフが作業の中心にいてメンバーは下手間・雑用のみといったスタイルではなく、それぞれができることを任され、なるべく前面に出て行くというスタイルを大切にしてきました。「区別がつかない」が故のトラブルは山ほどありますが、それでも、ユニフォームの色で区別したり、「先生」と呼ばせたり、といったことをあえてやっていません。

いろいろ戸惑われることも多々あると思いますが、それでも多くの皆様が足を運んで下さり、本当に有難いことと思います。
<<進む戻る>>